介護老人保健施設 せせらぎ > 利用案内

リハビリテーションサービスの内容・特徴

 

当施設では主に回復期・維持期の方を対象に在宅に即したリハビリテーションを行っています。

また通所リハビリテーション・介護予防通所リハビリテーションをご利用の方にも在宅生活に即したリハビリテーションや筋肉や骨格筋に働きかける運動器機能向上訓練を提供しています。

ご自宅への訪問を随時行いながら、個々にあった生活指導の実施やケアマネージャーとの連携により、利用者様に関わる一機関として、各利用者様のニーズにこたえさせて頂くよう努めております。

2013年4月より言語聴覚士を迎え、理学療法・言語聴覚療法にて、より在宅に即したリハビリテーションを提供できるようになりました。

DSCF0073 DSCF0071 DSCF0070 DSCF0069DSCF0068

理学療法

理学療法では日常生活内の基本動作(寝返り・起き上がり・坐位・坐位保持・立ち上がり・立位保持)に加えて歩行動作の獲得および向上を目的として個々にあったプログラムを作成し、個別リハビリを行っていきます。 また物理療法にて痛みの軽減などを行っていきます。

言語聴覚療法

言語聴覚療法では、声や発音の問題、ことばを話す・聞くなどのコミニュケーションに問題がある方や、食べることに問題のある方に対して、個別リハビリを行います。 またご家族様に必要なアドバイスを行っていきます。