検査内容のネットワーク

PACS(画像保存転送システム)について


    当院ではPACS 導入により、フィルムレスでの運営を始めましたので簡単にご紹介します。

PACS とは日本語では、「画像保存転送システム」と言い、一般撮影、CT、MRIなど各検査室で撮影された画像はサーバーと呼ばれる画像を保存・管理するコンピューターに転送されます。そして必要な時に 各診察室や病棟などにあるコンピューターへ画像が転送され、モニターで診断することが出来ます。 これがPACSの基本的な仕組です。

pacs

PACS の利点
モニター上で診断できるようになった事で、フィルムは必要では無くなりました(フィルムレス)。
これによって、フィルムを印刷する手間や待ち時間が無くなり、持ち運びや収納に頭を悩ますことも 無くなります。さらにサーバー内には沢山の検査情報が蓄積されており、過去の検査を瞬時に参照することができるため、簡単に今と昔を比較することが出来るようになりました。
もう一つ大きな利点として、津和野共存病院と日原診療所とをネットワークで繋ぐことにより当院で行った検査を診療所でもすぐにモニターで参照することが可能となりました。

pacs_system